<   2009年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ピアノ ピアノ ピアノ・・・

やっとひと段落ついたところです。

23日私の発表会・・・全然懲りてない。
暗譜したけど相変わらず手が振るえ、手に負えない。
でも、なんとかショパンのワルツ弾ききった。

24日2号のコンクール本選。
初のコンクール出場で、予選は銅賞3位。
当日受付に行くと、先に演奏を終えた同じ教室のお友達が、金賞!銅賞!銅賞!と全員入賞!!!

これを聞いた2号は、プレーッシャーを感じたのか、真っ青な顔をしていた。
「だいじょうぶだよ、いつも通りに」
これしか言えなかった母・・・

出番の時は本当に心臓が飛び出るくらいドキドキした。

緊張したんだね。
これまでになくめちゃくちゃアップテンポで最後まで弾き切った。
でも、出場者の中で一番小さい体の2号が、一番大きなフォルテを鳴らしていた。

2号のすぐ後のお子さんが、最高にいい演奏だった。

客席に戻ってきた2号。

「ダメ、はやすぎてならない音が1こあったよ」・・・と、2号。

よかったよ!と、声をかけてはみたものの・・・二人で落ち込んでたら、
1号に「そんなんでダメだと決め付けないで!」と叱咤され、また持ち直した。

結果発表・・・
準優秀賞者数名の番号の中に2号はない。優秀賞数名の中にもない。銅賞も別の番号。
二人で下向いていたけど・・・・もしや?

銀賞16番!って呼ばれた時は、先生と私バンバン2号の肩をたたき喜んだ!

妹の入賞を最初から最後まで信じて励ました姉、1号に感謝。

f0196184_736615.jpg


・・・・前回より大きくなったトロフィー見つめてる2号。
おめでとう。




コンクール。
私も子供のころ2回経験した。
でも、弾いた曲以外あまり記憶に残っていない。



f0196184_7362668.jpg


どんなにやさしい簡単な曲でも、その譜面を完璧に表現し、情景を浮かばせる。
ミスをしない。
2号の先生は本当によく指導してくださる。
そして2号もそれに答えようと頑張る。


3月に東京で関東大会があり、これに出場することが出来る。
2号には、「もしも金だったら行ってもいいよ!?」なんて心にもない発破かけていたけれど、
連れて行ってあげるべきなのかな。



3月28日東京 浜離宮朝日ホール
そうね、また汐留で屋形船もんじゃでもしちゃう?
[PR]
by moko_xx | 2009-12-27 07:52 | 子供のこと